今まで恋愛はサボってきた私にもつい最近、恋人ができました。え?お家デート?…素直に喜べないのには理由があって…実は私、水虫なんです。居酒屋の掘りごたつが精一杯!相手にバレずに一刻も早く水虫を治す方法を調べたのでご紹介します!

彼女に水虫がバレてしまい、悩む男性

水虫を治したい!いんきんたむしには酢が効果的?

お尻や陰部に発疹ができた、または痒いという人はいんきんたむしの可能性が高いといえるでしょう。
いんきんたむしは足の裏や手にできる水虫と同様で、カビの一種である白癬菌が皮膚内部に侵入して繁殖します。
人から人への感染力も強く、一度移されてしまうと完治に至るまで長期間必要となりますし、治っても再発しやすいのでとても厄介な皮膚病だといえるでしょう。
一見、男性特有の病気のように思われがちですが、条件さえ整えば女性でもいんきんたむしになってしまうので、普段から予防に努めることが大切になります。
いんきんたむしは専門の医療機関で受診して薬を処方してもらえば完治できますが、恥ずかしくて二の足を踏んでいるという人も多いものです。
しかし、いんきんたむしは身近にあるものでも治すことが可能なのです。
お酢は昔から水虫を治すための民間療法として使われてきましたが、その中でも竹酢液が最も殺菌力が高く皮膚の角質を柔らかくする効果があります。
お風呂のお湯に竹酢液を入れて入浴するだけで殺菌作用があるので感染を防ぐことができますし、白癬菌はいたるところにいますので全身浴を行えば陰部だけではなく足や手に寄生した白癬菌も死滅させることができるのでお勧めです。
いんきんたむしに直接竹酢液の原液をつけた方が治るのではと考えがちですが、強い刺激になりますし患部がかぶれてしまうことがあるので避けた方が良いでしょう。
白癬菌は高温多湿を好むので、入浴後はタオルで水けを拭き取り、しっかりと乾燥させてから軟膏を塗布すると大変効果的です。
これを続けることによって自覚症状がなくなりますが、白癬菌は角質の奥まで根を張っているので根気よく続けることが大切です。